【なるほど明快!】ダクト清掃や土地購入の正しい知識を身につける

作業員

安いは正義

再建築ができない物件を買うということ

「再建築不可」物件とは、例えば現在住宅が当該土地に建築されているが、その物件を取壊して新たに住宅を建築することができないような物件のことをいいます。 そんな物件を買う人が果たしているのだろうかと疑問に思われることでしょう。 ところが、意外なことに再建築不可物件を買う人は一定数いるのです。では、再建築不可物件はどのように探すのでしょうか。 再建築不可物件を探す場合には、複数の不動産屋さんに探してもらうのが一般的です。再建築不可物件の数自体は必ずしも多くはないので、頻繁にお目にかかれるものではありません。不動産屋さんにも人気がない再建築不可物件を一生懸命探してもらうためには、なぜ再建築不可物件でよいのか明確な動機をきちんと伝えておくことが大切です。

再建築できない物件を買うメリット

では、再建築できないような物件を買うメリットとは一体何なのでしょうか。 再建築不可物件を買う最大のメリットは何よりも「価格の安さ」です。再建築ができないわけですから、そのような物件は周辺相場と比較して、かなり安く購入することができます。 しかしながら、再建築不可な物件ですから、現在建っている建物が壊れるまで住み続けるしかないわけです。現状の建物がすでに老朽化しているのであれば購入するメリットが何もないような気がしますよね。 実は、再建築ができない物件の理由として最も多いのが、その物件が「接道条件を満たしていない」からなのです。逆の言い方をすれば、接道条件を満たせば「再建築可能物件」に生まれ変わるわけで、ここに魅力があるのです。接道条件を満たすために隣地買収を行うことが多く、再建築不可物件を購入する前にすでに隣地買収が終わっていることもあるのです。こうして、安く「再建築できない」物件を購入し、「再建築できる」物件として高く売却して、利益を生み出すところに魅力があるのです。